1. Home>
  2. ガイダンス

*ガイダンスⅠ*
総合学科高校の必履修科目「産業社会と人間」を金沢総合高校では「ガイダンスⅠ」と呼びます。3年間の学びの柱です。
ここでは1年間のガイダンスの学びについて紹介します。

「新入生オリエンテーション」
午前:進路情報会社の方のワークショップを通して、正社員とフリーターとの働き方、生涯賃金の違いについて学びました。
午後:本校職員でバスケットボール国際審判の阿部先生から充実した高校生活に必要なこと、その大切さについて学びました。

「教育実習生・卒業生に聞く」
高校や大学・専門学校で学んだ実体験から、今の高校生にとって必要なことは何かお話を聞き、充実した高校生活を過ごすためのヒントをいただきました。
「職業理解」
「夏の学び」

夏の学びは、1年次のさんじんの夏の課題として以下に示すテーマから1つ選び、取り組むものです。
この課題の目的は「自分をみつめる」ことと「課題に自ら取り組む力を身につける」ことです。どのテーマを選ぶかは興味関心により決めることができます。そのテーマへの取組みを通じて何を感じたか、考えたか、また自分の中に気付くものがあったかをまとめ、夏休み後に発表会を行います。また、この課題は2年次・3年次のガイダンスの授業につながるものです。 「課題を設けて解決する力」を養い、総合学科生の進路にも大いに役立ちます。

「夏の学び」の代表例

 

名称

概要

インターンシップ

企業で実際に働いて仕事の体験をします

ボランティア活動

さまざまな施設でボランティア活動を行います

総合学科夏季連携講座

県内の総合学科が合同でさまざまな学びの場を提供します

仕事のまなび場

県内の専門学校の講座などが体験できます

「働く人にインタビュー」
この単元では、実際に「働く人」にインタビューすることで職業と人生、職業と社会のかかわりなど、組織や社会で「働く」ということの様々な側面を深く学習します。